クレジットカードは誰のもの?正しい知識で自分を守ろう!

クレジットカードはカード会社から貸与されている

クレジットカードを持っていて普段から使っている人は多いでしょう。このクレジットカードの所有者は自分だと考えてしまいがちですが、実は違います。実際には、クレジットカード会社からその人に貸与されているだけなのです。そのため、勝手に他人に使用させたりすることはできません。クレジットカードを持っているというのは、カード会社からその本人が信用供与を受けている証拠なのです。勘違いしないで正しく使用したいものです。

クレジットカードの二重請求に気を付ける

クレジットカードにはいくつかのリスクが存在しますが、その代表的なものの一つに二重請求のトラブルがあります。悪意があって二重請求される場合もありますが、クレジットカードでの支払いを受けたお店側のミスで二重請求が生まれることもあります。対処法としては、請求明細をしっかり確認することが最も有効な方法でしょう。万が一、二重請求があった場合は、カード会社に早めに連絡をすれば調査をしてくれます。その結果、二重請求だと確認されれば返金をしてくれるでしょう。

クレジットカードを暗証番号で使う場合の注意点

クレジットカードを盗まれて不正使用されたような場合は、二重請求の場合と同様にカード会社が調査して返金等をしてくれるでしょうが、気をつけなければいけないケースがあります。それは暗証番号も同時に盗まれてしまい、暗所番号を使って買い物が行われる場合です。暗証番号を知っているのは本人である証拠と見られる可能性があるため、返金手続きが難しくなることも考えられます。暗証番号は盗まれないようにしっかり管理をすることが大切でしょう。

決済代行は少ない費用で導入することが出来るので新規でショップを開店する場合にも安心して使えるサービスです。