仕事で接客をする際に心がけたいマナー3選

相手を満足してもらうことが仕事だという心構え

接客の仕事にはいろいろなものがありますよね。ただ、どれをとってみても大切なのは自分の満足ではなく、相手の満足なのです。どういうことか?というと、自分なりにちゃんと仕事をした気になっていても、それが相手にとって不満であれば、それは仕事ができていないということを意味するということです。自分なりにちゃんとやっただけでは足りず、相手を満足させることが最大の任務であり、心がけないといけない接客マナーの初歩になるでしょう。

意外とできていないことが多い敬語の接客マナー

お客さんに対しては敬語を使わないといけないというのは、働いていれば分かると思いますが、敬語を使うということは分かっていても、正しく使えているか?どうかは自分は曖昧だったりします。特に曖昧なのが謙譲語と尊敬語です。仕事でより頻繁に使いそうなのは謙譲語の方かもしれません。「拝見します」を「拝見させていただく」と無意識のうちに言っているかもしれませんが、これは敬語としては間違いです。そういう自分では気付いていない、何気ない敬語の使い方の間違いは誰でもあるため、自分もやっていないか?と確認することが大切です。

接客時には表情も大切!お客さんを安心させるように!

接客時にはかなり表情が大切です。表情がお客さんに与える印象は大きいからです。基本的には自然な控えめな笑顔ができる人が望ましいとされており、暗い顔やニヤニヤした表情をしていると、お客さんからクレームがきてしまうケースもあります。あくまでも自然に出る明るい表情を意識してもらうと良いのですが、最初はちょっと難しいかもしれませんが、表情が固くならない程度に自然に振舞うことができれば、お客さんに特に不快を与えることはないでしょう。

就業規則を設定する目的は企業の社員が守るべき規則を決めることができ、仕事をスムーズにできる環境にするためです。