信用取引をやってみる!注意点や成功のコツについて

誰もができる取引ではない

株取引というのは、コツを掴めばかなりの利益が見込めるものですね。株取引で大きな利益を上げるためには、ほとんどの場合信用取引というものが絡んでいます。信用取引というのは少ない資金でも大きなお金を動かすことができる取引方法であり、信用取引によって資本を何倍にすることもできたりします。しかし信用取引は誰もができるものではありません。厳重な審査をされて、たとえば株取引の経験や信用取引の知識、資産がどのくらいあるのかなどを審査され、審査に通過して初めて信用取引ができるようになるのです。

どんな銘柄を買えばよいのか

信用取引を初めてやる場合、どんな銘柄を買った方が良いのでしょうか。上場されているれっきとした銘柄であっても、必ずしも信用取引ができるというわけではありません。信用取引ができない銘柄というのもあるんですね。信用取引をする際は、まず信用取引ができる銘柄がどの程度あるのかということを確認することから始めるのです。信用買いならば「信用銘柄」「貸借銘柄」どちらでも取引が可能ですが、信用売りだと「貸借銘柄」のみの取引ということになることも注意です。

信用売りを活用してみる

信用取引の大きな醍醐味のひとつは、売りから始められるということですね。株価が値下がり傾向の場合、損切りをするか保有しておくかで悩むところですが、株取引に幅を利かせるためには信用売りをしてみるのもひとつの手です。同じ銘柄を同じだけ信用売りすれば、もし株価が下げに転じたとしても利益を上げることが可能となります。しかしもし値上がりした場合には、すぐに買い戻さないと逆に不利益が生じてしまうので気を付けましょう。

信用取引では土地や株などの資産を差し出すことで金を借り入れることが可能で、実際の資金以上の投資が可能です。