理解しておきたい自己破産の基礎知識について

よく耳にする過払い金とは

過払い金とは、消費者金融もしくはクレジット会社といった貸金の業者が、国の法律で決められた最大限を超えて借主から取りたててきた利息のことを指します。つまり支払う必要性のなかった金銭ですから、言うまでもなく取り戻すことができます。借主が利息の分として払込んだ金銭であろうとも、国の法律に違反して払う必要性のなかった利息の分の費用は、借り入れ金の元本の返済に充てられることになるため、利子として支出してきた金銭で元金が消え失せている場合もあります。

自己破産の前にすること

消費者金融と叫ばれているものから借りてきた借金が大きくなって返せないから自己破産しかないと悲観に暮れている方もいると思われます。そのような方は、自己破産するより先に過払い金がないか、調査をして確かめてみることが重要です。過払い金があるというようなケースでは、借金を白紙にできるケースがありますし、高い額のお金が返却されてくることもあります。絶望する前に、弁護士などにお問い合わせすることをお薦めします。

自己破産という選択肢について

過払い金が一切無いかは、弁護士などのエキスパートに相談してみた方が賢明です。全国各地の無料の相談会を敢行しているケースもあるので、そういった所を利用するのも役に立つでしょう。しかしながら、過払い金が見つかったとしてもまだ返せないくらいの大きい金額の借金が残存してしまうケースや、過払い金が元々なかったケースなどには、自己破産も考えに入ってくるはずです。そういった場合でも不安になることはありません。自己破産をしても、クレジットカードなどの査定には通りにくくなるでしょうが、日頃の生活にさほど影響はないと言えます。

自己破産は多重債務なとを抱えて債務を返せない人を救う為の国の制度で、家庭裁判所への申述によって行われます。この申述によって「免責」の審判が下りれば債務がなくなり借金から開放される事になります。